キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 遺品整理士に向いている人、向いていない人 : 知っ得!遺品整理の知識

遺品整理士に向いている人、向いていない人

知っ得!遺品整理の知識

清掃関連業や遺族経験者にはぜひ挑戦してほしい遺品整理士。しかし、単なるお金目的の人にはおすすめできません。

新着おすすめ記事

遺品整理士に向いている人、向いていない人

誰でも低負担低予算でチャレンジすることができ、

しかも将来的に安定した収入も期待することができる遺品整理士の仕事。

しかし、そんな遺品整理士にも向き不向きがあります。

遺品整理士の資格取得に職歴を問われないことは先ほど触れましたが、

やっぱりハウスクリーニングや家財収集、リサイクル業など、

家や物を片付けたり、不用品回収の仕事をしていた人は有利であることは確かです。

掃除や分別作業に関するノウハウもあるし、ある程度の力仕事にも慣れているでしょう。

実際、清掃業についている人が、新たなビジネスチャンスを確保するために、

遺品整理士の資格取得を目指すこともよくあります。

また、遺族として、故人の部屋の片づけを経験したことがある人にもおすすめです。

もちろん、遺品整理の仕事のメインは、清掃と分別作業ですから、

清掃に関する知識があるに越したことはありません。

しかし、それよりも大事なのが遺族に対する思いです。

単に遺品を「ゴミ」として処分されてしまっては、遺族としてはいたたまれない気持ちになります。

業者に依頼したとしても、その業者が丁寧に思いを込めて整理をしてくれれば、

遺族もとても嬉しい気持ちになりますよね。

遺品整理の仕事をするには、「遺族の身になって考えることができる」というのもとても大切です。

だからこそ、遺族と同じ経験をした人こそ就いて欲しい仕事でもあるのです。

遺品整理は人の気持ちを大切にするからこそ成り立つ仕事です。

将来の収入を期待できる仕事ではありますが、

ただ「お金目的」で考える人には向いていないでしょう。