誰でも負担少なくチャレンジできる遺品整理士

知っ得!遺品整理の知識

遺品整理業に就くなら、まずは「遺品整理士」の資格取得です。誰でも2か月の通信受講だけでOK、しかも費用は3万円ととてもリーズナブルです!

新着おすすめ記事

誰でも負担少なくチャレンジできる遺品整理士

遺品整理の仕事を少し覗いてみると、

「自信はないけどチャレンジしてみようかな」と思った人も多いのではないかと思います。

でも、遺品整理士になるにはどうすれば良いのでしょうか?

現在、遺品整理に関する公的な資格は存在しませんが、

遺品整理士認定協会が認定する「遺品整理士」の資格があります。

まずはこの遺品整理士の資格取得を目指しましょう。

遺品整理士になるには、遺品整理士認定協会に受講申し込みをし、

送られてくる教材を使って、仕事内容や将来的な需要、

孤独死にまつわる社会問題、法規制などを学んでいきます。

遺品整理は、単に故人の家財や生活用品を整理するだけでなく、

ゴミとして処分するものと遺族の形見として残すもの、供養するものなどの分別作業も

必要となります。

そのため、清掃方法だけでなく、法規制についても詳しく把握しておく必要があるのです。

通信受講が終了したら、レポートを提出し、その結果により合格通知と認定証書が届けば

完了です。

遺品整理士の受講資格は、年齢や性別、職歴などは一切問われません。

誰でもチャレンジ可能です。

また、受講期間は約2か月と非常に短く、

費用は受講料と会費合わせて3万円とリーズナブル。

教材に沿ってきちんと学習をしていけば、誰でも簡単に取得することができる資格です。

実際、年配の方や仕事をしながらチャレンジしている人も大勢います。

他の資格に比べるととても負担が少ないのが魅力。

気になるなら、まずは資料の取り寄せをしてみませんか?

【関連リンク:受講申し込み | 遺品整理士認定協会